本当は、株をやりたい訳ではないが、早期リタイアに繋げられるなら、何とかしたい

これまでに、数回の転職をしました。中年と呼ばれる年齢になっていますから、珍しいことではないはずです。ただ、1回目の転職は、転職した時点では良いといえる、前向きな転職でした。しかし、その後の転職は、不本意な形での転職です。ジョブホッパーになりかけてしまいました。

今、働いているのは、とりあえずなんて言うとどこからか怒られてしまいそうなのですが、本当にとりあえずという気持ちです。働かないと、生活できないからです。しかし、自分としては、その本音を認めることで、これからの生き方を変えていく原動力にしたいと考えているところです。

これからの生き方を変えていくには、どうするのが良いか。私としては、企業に属する働き方に限界を感じてしまっている、いや、自分がそういうものに合わないのでしょうね。それで、投資というところに行き着きました。別に自分だけの特別な話ではないですね。でも、状況に問題を感じても、不平不満を述べるだけで、具体的な対処は何もせずにただ耐えるという選択は、自分には出来ない。

しかし、株そのものをやりたいわけではなく、むしろ、自分で何かしらの事業を起こすとか、技術力を身に着けて世渡り上手となり、フリーランスでバリバリと働く、なんてことをしたいと思っていました、本当は。けれど、それは思うだけで、自分に向いているかと問われると、残念ながらそうではなかったようです。今でも完全に諦めたわけではないですが、自分の得手・不得手を考えると、どうも不得手なことを無理やりやらないことにはできそうもない、そう思えました。

そうなった時に、自分の本音が自分で見えた気がしました。本音というのは

「合法的でありさえすれば、早期リタイアできるだけの資金を作り込んでしまって、早期リタイアしたい」

というものでした。この本音が見えたところで、投資で資産を作り込むというところにたどり着いたのです。手始めに外貨預金、次にFX、そして株。今は、株です。それも、優待や配当狙いです。

働くことで世間と繋がり、充実感を得たいと思ってこれまで臨んできましたが、私はうまく行かなかったです。なので、本当にやりたいこととは違うが、経済的な自由を手にできて独立できれば生き方は変えられると思い、早期リタイアを目標としました。そのための手段が、投資です。このように目標が決まり、そのために手段を選んだとなれば、投資という手段の是非は別として、ここまでたどり着くまでの道筋としては正しいと思っています。

早期リタイアできるようにして、独立したいと改めて思っています。約3年後の今頃までには実現したいです。贅沢を言わなければ、自分の場合は税引前で300万円の配当があればギリギリ、500万あればまあまあの生活が出来るはずだと見込んでいます。