会社は、Excelで動いている?

Excelといえば、非常に有名な表計算ソフトです。業務ではもちろん、個人でも多くの方が知っているソフトかと思います。

Excelは、表計算ソフトという分野のソフトですので、本来は表計算、行と列に区切られたマス目(セル)に値を入れ、計算式を書くことで、いろいろな計算ができるようになっています。

そのExcelには、VBAというプログラミング言語が備わっています。そのお陰で、Excelでアプリケーション開発のようなことが出来るようになっています。会社であれば、多くの社員に行き渡っているので、社員自身でExcelによるアプリケーションを作成することが可能です。手軽と言えば、手軽なものです。

ですが、Excel VBAで作られたアプリケーションというのは、ちょっとしたことですぐに動かなくなったり、作った本人以外にはまるでわからないものになりがちです。行や列を追加・削除したりしただけでも、VBAから参照しているセルの位置がずれてしまうので、それが原因で必要な値が取れなくなり、結果として動かなくなるのです。

何がどう問題なのか、と書き連ねないと、話の趣旨が伝わらないのですが、嫌っていたExcel VBAに携わることになってしまい、今、非常に困惑しています。開発環境として考えると、納得がいかないことばかりです。特に、Visual Studioに代表されるような高機能なIDE(総合開発環境)に慣れてしまうと、どうしても見劣りします。一応、開発の補助を行う機能は用意されていますけれど、高機能な今時のIDEには敵いません。

どうして問題なのか、改めて書きたいとは思いますが、現在進行形で憤りを日々感じているところです。

そんなExcelですが、専用のソフトやツールを使わず、現場主導で話を進めるには都合の良いものですので、気がついたらExcelによるアプリケーションがそこらかしこに存在していて、会社全体からしてみたら最適化はされていないが、部門やもっと狭い範囲で見た場合は最適化されているように見えることがあります。いわゆる、部分最適という状況です。

私は、ExcelおよびExcel VBA職人にはなりたくありません。そういうものの修正を任されることになった今でも、仕事ではあるので最善を尽くす努力はしますが、自分の得意とすることで貢献することが出来ない・必要とされていないことには、憤りを覚えます。自分が何の得意分野も持たないならまだしも、自分の得意とする分野が何であるかは、はっきりと表明しています。それは、技術者として自分が派遣されているからです。

どんな技術を持っている人が来ても、来た人にExcel VBAを覚えさせ、当人の技術を封印させたいのなら、はっきりと明言するべきなのでしょうね。

ここまで書いて、やはり、Excel VBAの問題点を充分には書けないでいると感じます。伝えたいことをきちんと伝えないと、単なる批判どころか、ただの文句でしかないことになってしまいます。なので、いずれ、書き直したいと思います。

世界のことは、マスコミが伝えることでしか知らず、自分の目で確認したわけではないのですが、こんなことをしているのが日本企業の傾向だとしたら、埋没するしかないのかもしれません。そして、正論やあるべき姿を追求して、その結果で物事が円滑に進むことを望むことがいかに高望みとなってしまうのか、と思わざるを得ません。Excel VBAに関わったばかりに、しなくて良い苦労をさせられ、嫌な思いをさせられ、長時間労働まで強いられる。愚かとしか言いようがないです。

もっとも、そうして愚かだと感じたことは、自分のこれからの生き方を見つめ直す要素になります。経済的な自立を果たせれば、仕事は選べる。もっと言えば、働くかどうかを選ぶこともできます。憤りに対して、愚痴は口にします。残念ですが、完全に黙っていることは出来ません。そんな私は、二流でしかない存在なのでしょう。

しかし、それだけに終始することはしません。怨恨に飲み込まれてしまったら、それこそ終わりです。やはり、ここからどうしたら良いか、先にも述べたとおり、自分のこれからの生き方を見つめ直し、軌道修正をしていくことに役立てようと思います。