歳を重ねるごとに、えぐみが増していく

歳を重ね、経験を積めば、その経験を活かしてより良く生きていける。そうでなければ、経験を積む意味がない。そう思っていました。経験を積めば、楽に生きられる方法を探しやすくなるとも思っていました。

しかし、現実は厳しいものです。歳を重ねるごとに、何とも言えぬ嫌な思いをすることになってしまい、こんなはずではないと思わされます。効率化を目指したり、楽に仕事ができるようにと導入しているはずのITが、実際には複雑さをもたらし、複雑さのために仕事をしているような状態に陥ってしまっています。

何か、歳を重ねて楽になる、より良い生き方にしていけるどころか、えぐいとしか言いようのない思いをすることになり、非常にきついです。何がどういったことでえぐいと思わされたのか、上手に書けないのがもどかしいです。今はただただ、自分の得意なことが何にも活かせず、自分の不得意なことをわざわざ、それだけ選ばれて仕事として回されてきてしまったような感じです。

どうしてこうなるかな、と嘆かずにはいられませんが、他人のせいにしたところで、物事は解決しません。だから、苦しくとも、状況を良くしていくことを考えて、実行していきたいものです。

もっとも、他人のせいにはしないけれど、状況に関わった人とは、問題が解決したところで距離を置きます。自分に不利益をもたらした人とは、一定の距離を置き、関わり合いを避けます。

最終的には、自立です。自分が自立できれば、自分で仕事や働く相手を選べます。働くということにおいての自分の問題は、仕事や働く上での人間関係を自分で選べないことです。なので、自立することを目指します。ただ、それまでに自分の精神を必要以上に病ませないようにしなければなりません。精神を病んでしまったら、出来ることも出来なくなります。

何としても自立したい。孤独になっても、自立したい。