40代の転職漂流記

40代の今、数社の転職を重ねた経験と、これからの生き方を模索しています

他者や環境に思うところが生じたら、自分を変える良い機会である

「環境がー、あの人がー」なんてことを述べてしまうと、その時は良くとも、後から虚しくなります。それと同時に、何が正しくて何が間違っているのか、わからなくなります。

「自分ならこうするのだが」と思ってみたり、他の誰かにそれを言っても、当事者の前で言えなければそれはただの陰口です。

こうしてこのようなことを書くこともまた、陰口の延長なのでしょうか。陰口として終わらせないための行動が求められます。だから、環境や状況、他人に対して思うことが生じるのは摂理だと考え、その上で自分を変えていくことに努め、より良い人生にしていきます。そうすれば、思うことが生じたのにも理由や意味があったと言えそうですね。他者や環境に責任を転嫁することなく、自分を変えていく。いいですね。