40代の転職漂流記

40代の今、数社の転職を重ねた経験と、これからの生き方を模索しています

やっぱり、愚痴で終わらせるだけでは先がないから、気を取り直す

先の投稿は、愚痴を愚痴のままで終わらせました。しかし、それでは次に続かないですね。そんなことはわかっているはずなのですが、それなのに愚痴で終わらせたということは、相当考え込んでいるのだなと感じました。

不本意な形で転職を繰り返してしまった上に、案件まで妥協せざるを得なかったというか、妥協してしまったことが更に良くなかったのでしょう。これも経験です。この経験を得たことで、私は自立の必要性を痛感することとなったのです。自分で屈辱と感じるのならば、それは屈辱なのでしょう。そう感じる心もまた同様に、自立の必要性を高めてくれています。

自立への思いを強くしてくれて、今後の行動力に繋げられれば、こういう経験も役に立ったといえるでしょう。いつか、いや、そう遠くない内にそう言えるようにします。いいのですよ、今の客先から切られたとしても。まあ、自分の側から切れた上に別の案件へすんなりと移れれば、今の状況では最も良いことになりますが、客先から切られても良いのです。むしろ、切られた方がこの場合は望ましいのかもしれません。

凹みはしますし、時にはのたうち回りたくなるほど苦しいけど、大丈夫です。凹んでも、時間が気を取り直させてくれます。