40代の転職漂流記

40代の今、数社の転職を重ねた経験と、これからの生き方を模索しています

夕食を自分で作れない日が増えている

私は、夕食は自炊中心の生活を送ってきていました。朝食はパンとバナナなどで済ませる、昼食は社食もしくは外食ですが。

今の案件に入るようになって、毎日長時間の残業が続いていますが、だいたい21時を過ぎてからの退社となると、夕食を自分で作る気がしなくなるようです。おかげさまでコンビニのお世話になる機会が増えました。もっとも、そういうときはアンパン1個だけで夕食としてしまうこともあります。何か、食べたくなくなるんですね。

これまででしたら、夕飯を自炊しないなんて月に1回あるかどうかというくらいでしたが、今は週に2、3回は自炊をしないことも珍しくなくなってしまいました。そのため、自宅の食材があまり減りません。置いておいても困らないものならまだ良いのですが、野菜は困りますね。一人暮らしですので少なめに買うのですけれど、それでもキャベツ4分の1が1週間ぐらい残っていたり、日持ちすると思っていた食材がいつの間にか賞味期限切れとなっていたりと、自分としては考えられないような状況になっています。

仕事が如何に生活の時間を侵食してしまっているか、私としてはそう思わざるを得ません。こんなこと、いつまでも続けたくない。今日もまた、強く感じています。自分が理不尽と思うことは、自分にとっては理不尽以外の何物でもありません。他人がどう思うかは、関係ないです。自分の心に従いましょう。