40代の転職漂流記

40代の今、数社の転職を重ねた経験と、これからの生き方を模索しています

苦手であっても、質の悪い仕事をして良い理由にはならない

実際に苦手な仕事であっても、担っている以上はやらなければなりません。質の悪い仕事をして良い理由にはなりません。

その事実が、今はとても重いです。社内におけるサーバーやネットワークの管理、PCの管理、ヘルプ対応などの方が得意な自分としては、やはりシステム開発の仕事を受けてしまったのは失敗でした。Web系の開発経験はありましたが、業務系のシステム開発経験はありませんでした。しかし、それを受けなければ、その時は案件がないという状態でした。なので仕方なく受けました。

仕方なく受けた結果が、今の状況を招いています。ただ、それでも質の悪い仕事をして良い理由はどこにもなく、でも、自分としては質を上げられずに苦しんでいる。そういう状況です。

合わないことをしてしまうと、本当に良くないです。誰も良い思いをしません。やりたくないことを決めるのは、とても重要なのです。やりたいことが決まっている人は良いですけど、私みたいにやりたいことははっきりしない、でも、やりたくないことは探すといろいろと出てくる者もいるのです。

今日もまた、自分が作ったわけではない、よくわからない業務システムと格闘です。