40代の転職漂流記

40代の今、数社の転職を重ねた経験と、これからの生き方を模索しています

責任の所在は自分にしかない

何で業務系のシステム開発の案件を受けてしまったのか。今となっては失敗したとしか言いようがありません。

数ヶ月が経つけれど、業務系のシステムそのものが本当におもしろくないと自分では感じています。そんなふうにずっと感じているから、そういうシステムを好きになれるはずもなく、ずーっと嫌々仕事をしている訳です。おまけに、慣れない言語の組み合わせで構成することを強いられ、またそれが自分の苦手とする言語だから、

他の人と比べると生産性が低くて仕事が遅い → 残業で対応しようとして長時間労働に陥る → それでも質が悪く、やり直しが多数発生 → スケジュールに影響を与えてしまう → 自分は凹むし、リーダーからは邪魔者扱いされ始める

という、問題が問題を呼ぶような展開になっています。いやほんと、情けないですよ。

しかし、責任は自分自身にあります。誰が悪いというようなことではない。間違えたのは自分であって、誰かのせいに出来るようなことではありません。自分の選択が今の結果なのです。人間的に悪い人はいますが、それと自分の選択は別です。

思い切った行動ができる人、自分の思うとおりに行動できる意志を持つ人は、素晴らしいです。僕にはそういうものが欠けているし、人の顔色を窺うような生き方をこれまではしてきてしまいました。だから、もうそういうことは止めたい。止めたいから、こうして書いているようなものです。

このブログが収入に繋がることはないにしても、何かを継続することを始める切っ掛けにはなっています。そうやって、出来ることを積み上げていくことが今は必要です。

それはそれとして、今の案件から逃げられるものなら、今すぐにでも逃げたいところです。おもしろくないことにために時間を使いたくない。僕はそう強く思っています。