40代の転職漂流記

40代の今、数社の転職を重ねた経験と、これからの生き方を模索しています

自分の甘さは反省して、次に繋げたい

苦手な仕事に当たってしまって、気が休まらない日々を送っています。仕事は遅く、ミスも発生させてしまっています。なので、段々と周囲が自分を見る目が悪くなっていくのを感じています。

しかしそれは、自分の甘さが招いたことです。仕事の内容がわかった時に「これは苦手な部類だな」と感じたのですが、それでも相手が必要としているなら何とかなるだろうと、その点だけ過度な楽観をしてしまいました。都合良く考えすぎたのです。

苦手なことはしないようにしたいと考えるなら、それを通すべきでした。通さなかったのは、自分の間違いです。また、仕事の進め方についても不手際がありました。仕事が遅くなり、進捗管理がうまく出来なくなり、連絡も見落とす。典型的な悪循環に陥りました。

今はまだ、苦手な現場に留まることになりますが、この経験を活かし、得意とすることを伸ばして働き方を変えていくことを決意します。そうすることで報いたい。