40代の転職漂流記

40代の今、数社の転職を重ねた経験と、これからの生き方を模索しています

システム開発の仕事から降りて、精神的な不安を減らしたい

私はどうして、システム開発を仕事に選んでしまったのか。IT系の仕事を始める頃には考えもしなかったことです。

しかし、一度持った興味をずっと持ち続けられるかどうかなんて、そんなことはわかりません。だから、興味を失ったのなら、まずは自分の心情を素直に認めるのが良いかと思います。

システム開発の仕事は、ある種のセンスを要求されます。依頼者の意を、その発言だけからではなく、あらゆるところから汲み取ってそれを結果に反映させることを要求されると思うのは、私だけでしょうか。発する言葉が足りないのに、その足りない部分をどうにかして読み取れ、と要求されているように思わされることは決して珍しくありません。

中にはそういうことが楽しい、もしくはあまり苦もなく出来る人はいるのでしょうし、それが出来てこそ、システム開発の仕事は出来るのかもしれません。ですが、私にはもう無理です。

現実問題として、仕事としていたシステム開発をしたくないのなら、どうにかして職を変える必要があります。何せ今は、IT系の技術者派遣を行う会社に在籍していますから。システムやITの仕事をしたくない社員を、IT系の技術者派遣を行う会社が置いておきたいはずはありません。

だから、このままでいられるはずはないです。それでも、しばらくは耐えられそうですし、自分に合う案件に移れれば状況は変わるかもしれません。ただし、状況が変わると言っても、それは一時しのぎでしかないです。会社員が性に合っている人はいるでしょうけれど、そうではない人もいる。私は後者だと思いますが、そう思う割には会社員以外の選択肢、たとえば独立やパート・アルバイト掛け持ちなど、他の選択肢に移ることを怖がっているのも事実です。思考が止まってしまっているようです。

だから、それをどうにかして打開したい。現状での最善策は、今のシステム開発の案件から抜けられ、自分が得意とする案件に移れることです。そうすれば、時間稼ぎは出来ます。精神的な不安要素が減れば、思考は落ち着くからです。ただ、思考が落ち着くと、その状況が安泰だと勘違いして現状維持を選択してしまい、それでまた何年も過ごしてしまう可能性は否定できません。しかし、今の私ですと、そうはなりにくいはずだと思いたいです。

現状での最善策が実現しないと精神的な不安要素を減らすことは難しいですが、それでも状況を変える努力はします。どの道、行きたい方向は同じなので。ただ、精神的にきつい状況で別のことを頑張ることがしにくい質なので、それで今の仕事から生じる精神的な不安を大幅に減らしたいのです。結局、豆腐メンタル何でしょうね、私。気持ちの切り替えが下手で、うまく行かなかったことを引きずりやすいので、そういう自分の性質を自覚した上でどうしたら良いのかを考えると、こうなります。

このブログの内容は、基本的には明るい内容ではありません。ですが、そんなことを綴りつつ、将来への足がかりにしたいと考えて書いています。