40代の転職漂流記・技術者派遣の現場から

40代の今、数社の転職を重ねて技術者派遣の現場に行き着きました。現在、生き方を模索中

仕事は出来るのに、感情の制御が不十分な人

こんばんは。

相変わらず、残業続きの日々です。定時退社は夢のまた夢か、と思わざるを得ないです。しかし、これが一生続くものでもないでしょうし、一生続けようとも思わないです。良くも悪くも経験の一つ、としておくつもりで今を過ごしています。

さて、私が今いるプロジェクトは6名で構成されていますが、コーディング担当は私も含めて2人です。もう一人の彼は多分30台前半ぐらいで、私から見ると、ミスが少ない人のように見えます。私からしてみれば辟易してしまうような仕様を前にしても、上手にこなしている感じです。発注元から渡された、使いにくいフレームワークを解析して、社内向けに実装用のサンプルコードを作ったりもしていましたから、能力はあるはずです。

ただ、その彼は、もったいないことに、感情を上手に制御することが出来ません。コーディング中に発生した仕様変更や、他人の記述した仕様書のミスを見つけると、結構簡単に不機嫌になってしまうのです。そして、不機嫌になってしまうと言動が荒くなったり、他のメンバーへの当たりが途端にきつくなってしまうのです。私はこの表現を好まないのですが、傍から見ていると「キレている」と言ってよさそうな状態です。

そんな調子なので、他のメンバーも若干距離を置き始めているようです。彼自身、「今後は●●さん(私のことです)に質問が行くようになると思います」などと口にしています。

感情を上手に制御できれば、より良い仕事が出来そうなのに、それを自ら手放してしまっているようで、もったいないなと私は思います。同時に、私は仕事における成果を出すことにおいては今でも不安で仕方ありませんが、せめて人間性は保ちたいと考えています。自分の機嫌が悪い時でも、人と話す時はそれを抑える。自分が機嫌悪いからといって、相手への接し方をおざなりにしたくないし、機嫌の悪さを伝播させてはいけないと考えています。

長時間残業から始まる、負の連鎖を断ち切りたい

こんばんは。 久々の更新です。 長く更新が途切れた状況を振り返って、継続させることの難しさを実感しています。

今の職場へ派遣されて、3ヶ月ほど経ちました。仕事は忙しく、21時頃まで働いていることは珍しくないです。無論、これ以上遅くまで働いている人はいくらでもいるでしょうけれど、だからといって自分が残業をする必要がある状況を正当化したくはない、そう思っています。

1ヶ月の残業時間は、40~50時間ぐらいです。過労死ラインは80時間とのことですが、ならば40~50時間の残業は問題ないのかとなると、問題なしとは言えないと私は思います。1日に2、3時間残業すると、帰宅できるのは22時台。帰宅してから夕飯を食べるのは時間的に遅いと感じているので、ほぼ毎日外食しています。ただ、選択肢は限られまして、ほとんど立ち食いそば、時々中華かカレーです。本当は定食屋に寄りたいのですが、今の通勤経路上には都合の良い店がありません。なので、限られた選択肢の中で選択している状況です。

残業が続く理由ですが、これはもう、仕事内容そのものが原因となっています。ソフトの受託開発の現場にいるのですが、元請けが仕様を決められず、問い合わせても返事が返ってこない、元請けが渡してきたソフト開発用フレームワークが何かと冗長な上、コーディング量が増えるような書き方を求められていて、手間ばかりかかってしまう。誰もが非効率と感じていても、渡されたものを使わざるを得ない状況なので、黙って応じるより他はないのが実情です。

ついでに言うと、私は単純作業や複雑な仕様が苦手で、先方の要件を満たすことを考えつつも、仕様そのものが複雑化しないよう、また、採用するフレームワークで作りやすくできるようにすることに苦心しながらソフト開発をすることを心がけています。しかし、中にはというか、元請け・下請けの関係があるような構造では、そういう要素が考慮されることはまずなく、やたらと複雑で作りにくい上に、操作性においても難のある仕様が作成されてしまいます。どうして防げないのかとは思うのですが・・・。

こんな状況でも、ミスが少ない人はいるんですよね。私はミスが多くて、自分の作業に自信が持てないです。ミスを減らすために、折り合いが付く範囲で仕様を変え、フレームワークの特性を活かして間違いが起きにくい作り方を実践してきた私には、「いいからとにかく決めたことをやって」という状況に馴染めません。ただし、馴染めなくとも、これが今の自分の仕事だと理解はしているので、出来得る限りのことはしていますが、それでもミスは多いなと感じます。今は自分が仕事に合わせる必要があるのではありますが、ストレスになっています。

私は、元請けがいて、自分が下請けの立場となってソフト開発をしたのは、今回が初めてでした。なので、どんな雰囲気で働くことになるのか、肌で感じる機会になるのは間違いないと思っていました。実際に経験して感じたのは「長くは続けられない」ということでした。こうして、自分にとって何が良くて何が良くないか、やりたいことは何か、やりたくないことは何か、気付きを得られる機会にはなっています。

ブログを再開する気になったのは、ただ嘆いていても何にもならないと思ったからです。長時間の残業は、良い影響をもたらしてはくれません。負の連鎖に繋がっていると自分では思っています。そして、今はまた、ソフト開発の仕事から降りたいと思っています。では、どうしたらソフト開発の仕事から降りられるのか。もしくは、ソフト開発を続けるとしても、自分なりに納得の行く職場環境を見つけるにはどうすれば良いのか。改めて模索していきます。

とりあえず、休日に何かをする。このブログ、これ以外のブログ(何か別のテーマを見つけたいです)、将来に繋がりそうな何かを見つける。何とかしないと、何ともならないです。

楽観はできないが、派遣先が変われば状況も変わる

こんばんは。

SIerに派遣されて、1週間少々経過しました。仕事の詳細については書けませんが、業務用のWebアプリケーションの開発です。元請けではなく、下請けということのようでして、開発においてはいろいろと制約があります。情報の扱いに関しての誓約書を提出しましたから、それは守らねばなりません。

開発内容自体は、容易とは言えない内容ですが、SIerだけあって、手順を踏んで作業を進めています。Excelによる管理もありますし、仕様書もExcelで書いていますが、それでも、プロジェクト全体はチケット管理ツールを使って管理されていました。このチケット管理ツールが機能していまして、プロジェクトをうまく管理しようという意図はしっかりと感じられました。

設計書やテスト仕様書など、各種仕様書を作成する必要があり、私も仕様書作成に参加しているところです。今まで、それらしい仕様書など書いたことがありませんので、見よう見まねで何とか書いているような状況です。ただし、書いたら書きっぱなしで終わるわけではなく、レビューが行われまして、そこで指摘が上がってきます。その指摘に対応していくことで、徐々にではありますが、仕様を書くことに慣れていけそうです。

システム開発なので、残業は多いようです。私もそのうち、長時間の残業に突入することになりそうです。また、通勤には徒歩・電車で片道1時間30分ほどかかっていますから、自由時間はだいぶ減っています。でも、それでも、前の派遣先よりは自分に合っていそうです。

楽観はできないですが、かといって悲観が支配的かと問われると、そうではなくなっています。今は、今という時にちゃんと目を向けようという意識が働いているので、それで心持ちが変わったようです。それが定着したかどうかは、まだ判断できないですが。

「今が最高」とまでは言えませんが、まあまあ良いと思えるようになっています。

SIerへ派遣されて、仕事の進め方が大きく変わる。ついていけるかどうか、正直怪しい

こんばんは。

SIerへ派遣されまして、少々経ちました。開発が本業なだけあって、仕様ありき、資料ありきと言った形で仕事が進められています。一人情シスのようだった私には、経験したことのない仕事の進め方です。正直、ついていけるかどうかは怪しいです。

私は一人情シスのようではありましたが、進め方として「・・・要件定義→内部設計→外部設計→製造→テスト・・・」などという過程があることは知っていました。ただ、一人でしかも自社開発となると、各工程を手順通り、セオリー通りに進めるなんてことはまったくしませんでした。

開発の手法を誰かに教わらなかったから、と表現してしまうと、他人のせいにしてしまうように取れるかもしれませんが、事実として、誰かから教わるような機会はありませんでした。そして、自分でも手法をちゃんと勉強することはありませんでした。そのため、我流としか言いようのない方法でしか作れなくなっていました。

今は、仕様書を書くところから作業を始めていますが、果たして慣れることができるのか、先は見えません。これが20代の若手なら「よし、しっかり教えてやろう」と周囲も思うことでしょうけれど、40代で派遣の者をそのように扱うことはきっとないでしょう。ただ、私のことは置いといて、誰かにソフト開発を覚えてもらいたいなら、その人を育てる時間を確保してもらいたいものですね。

私は私で、仕事をしながら覚えていくしかないでしょう。なるべく早く、この業界から抜けたいと思いつつも、業界にいる間は一つでも覚えることを覚え、経験できることは経験して、今後の糧にしていきます。

けど、Excel方眼紙、Excelで仕様書を書く、Excelでタスク管理、とにかくExcel。これはうんざりです。Excel表計算ソフトであって、仕様書を書いたりタスク管理をするツールじゃないはずなのですけれど。これはまったく覚えたくない事柄です。こういう経験をしたからこそ、やりたくないことを知ることにもなる訳です。

やりたいことを知ることと同じくらい、やりたくないことを知ることも大事なことです。私はそう考えています。

仕事内容、通勤形態に変化が生じたことで、街の雰囲気を知ることとなる

こんばんは。

結局、ソフト開発の仕事を続けることとなりましたが、仕事のやり方や環境は大きく変わっています。

前回は製造業でしたが、今回はSIerです。SIerなので、仕事の進め方はある程度決まっているようで、設計・製造・テストなどという過程が存在しています。私は一人で仕事をすることが多かったので、過程を踏んだやり方にはまったく慣れていませんが、勉強だと思って淡々とこなしてみることにします。

とは言いつつも、どこかでまたボロが出てしまうとまずいのですが、それは心配です。しかし、以前のように自分以外の要素に対して、変な期待をしないことに努め、それで心を落ち着かせることにしています。

また、人に質問することは苦手なのですが、それは克服しておきたい。これは訓練だと思って、わからないことはさっさと聞くことにします。

それと、通勤方法も変わりまして、今回は電車通勤です。こちらは地方都市なので、通勤時間帯でもほぼ座っていられます。なので、本を持ち込んで読んでいます。また、就業先の駅には駅ビルがあり、駅周辺も含めて店が結構ありますので、街の雰囲気を知ることもできます。車がないと不便は不便なところですし、最寄りの駅までは車で行き来していますから、車そのものをなくすところまでは持っていけません。でも、電車を利用できる状況もありますから、上手に使い分けていきたいものです。

こういったことが、早期リタイアに繋げられるのか。変化が生じたのは確かです。

次が決まり、仕切り直し

こんばんは。

読者が非常に少ないので、ここでお断りを入れても仕方ないかもしれませんが、ネタらしいネタがひねり出せず、毎日の更新は途切れてしまいました。今後は、毎週更新を目指して続けていきます。

さて、次の行き先が決まりまして、今は自宅で待機しているところです。中途半端ですが、今度の金曜日からの予定です。次の行き先は、またもソフト開発の現場ですが、年内一杯ぐらいの予定でとの事なので、受けました。受けましたというよりは、空白期間を最小限に抑えなければならないので、受けざるを得なかったというのが実情です。

待機期間は2週間に満たないことにはなるのですが、良くないですね、これは。だらけてしまいます。これが、自分から無職になりたくてなったとか、起業するから辞めて準備をしているとか、理由があれば何の問題もないのでしょうけれど、会社員のままで自宅待機となるのは、心境の面で良くありません。本当にだらけます。

次もまた、苦手なソフト開発です。けど、ずっと続けるつもりはないし、むしろ、世間を知る良い機会だと捉えて、年内一杯ぐらいならやってみようと思います。

平和な世の中であってほしいが、理想論でしかないのかな

こんばんは。

何時の世どころか、毎日毎日事件が絶えず、自分ばかりが平和を望んでも虚しいものを感じています。

世間を賑わす事件と比べれば、仕事内容が合う・合わないなんて話は、まったくもって些細な事でしかないと思えてきます。どうして、人の世というのはこうも争いが絶えないのか。

真面目な話、平和であってほしいし、自分も平和を保つために貢献、いや、まずは平和を乱さないように心がけたいものです。

理想論でしかないのかもしれませんが、それでも。