40代の転職漂流記

40代の今、数社の転職を重ねた経験と、これからの生き方を模索しています

うまくいっている人は良いが、私は、ITの開発からは降りたい

私は、ITで開発系の仕事をしています。得意なのはWeb系ですが、スマートフォン関係のサイトに関わることがなかったため、得意と言っても、今時の要件には対応できないと思います。それでも、得意とするものはあるわけです。

ただ、もうITの開発の仕事からは降りたいと思っています。せっかくITを導入しても、何かを作っても、私が関わった範囲では、それで何かが良くなったようには感じられないからです。ITは、自分だけで使っている分には、役に立っています。でも、それで企業活動をしようとすると、無理や無駄、無茶なことばかりすることになってしまって、それで良いと思えることがなんにもないと感じてしまうのです。

先の所感は、私の関わった範囲での話です。広い範囲で見渡せば、きっと成功事例はあるでしょう。でも、そういう事例に自分が関わっていなければ、自分としてはどうしようもありません。ただし、他人が悪い、環境が悪いと言うつもりもないです。自分がそういう事例に関われるだけの努力をしていなかった、それが理由だと考えています。

ならば、これから努力をし直すのも手です。ITの仕事で一旗揚げたい、だから努力し直す。そうできれば、素晴らしいものです。しかし、道はひとつではないはずです。これからもずっと、ITの仕事に関わり続けなければいけないと、誰かに決められたわけではありません。道は、選べるはずです。

私はもう、ITの開発からは降りたいです。嫌になってしまいました。