40代の転職漂流記

40代の今、数社の転職を重ねた経験と、これからの生き方を模索しています

仕事を説明する際に「簡単」を連発する人は怪しい

職場に新しい人が来た時、誰かがその人に仕事内容の説明をする場面があります。その誰かが新しい人に説明をする際、やたらと「こんなの簡単、簡単」と連発しているようだったら、その人は話し方が軽すぎはしないでしょうか。

簡単を連発する人は、どうして簡単という言葉を連発するのでしょうか。本当に簡単だと思っているのでしょうか。簡単を連呼する人は、相手を見て話していないように思えます。説明をする相手がいる以上、相手と自身との間での相互理解が必要だと私は思うのですが、簡単が口癖の人は、単に自分の基準で簡単と言うだけで、説明を受ける相手がどう思うのか、どう受け止めるのかについて、考えが及んでいないと私は思えてなりません。

簡単とされることを相手がその通りに理解して、当人が簡単だと思えれば、問題はないです。しかし、簡単だとは思えなかった場合は、返答に困るのではないでしょうか。無論、当人が理解できれば簡単だという説明は正しかったのか、と思えることはあるでしょうけれど、最初から簡単だと言われてしまっては、何と返して良いのか、困るものです。

また、簡単を連呼する人に限って、物事を強引な力技で進めるようなところがあるように思えますし、いわゆる合理的なやり方、正統的なやり方を否定してしまっていて、その人の言う簡単は「自分基準での簡単」でしかないのではないでしょうか。そうだとすれば、独りよがりでしかないのではありますが、当人や相手、周囲の人間を含め、物事の捉え方に確固たるものはありませんから、難しいものです。

どうしたら良いのか。私としては、そういう状況で議論に持ち込んでも仕方ないと思います。私は私で、周囲に過度な迷惑さえかけなければ、自分の人生を生きたいと考えるようになっていますから、思うところがあるなら、早く自立できるように努力しようとなります。

他人の人生を生きている暇はありません。だから、自立を目指します。会社組織に属さずとも生きていけるようにすることが、今の最大の目標です。目標を果たせれば、怪しいと思う人とも距離を取れますから、それこそ簡単に解決しますね。

何とかしましょう。