40代の転職漂流記

40代の今、数社の転職を重ねた経験と、これからの生き方を模索しています

最悪の状況とは?

不得意な仕事に苦戦しつつも、徐々に慣れてきていることを実感しています。でも、仕事は遅いです。

ここで「何が何でも頑張る、苦手なことでも何でも、仕事があるだけありがたい」と言えれば良いのかもしれませんが、私にはそのつもりがないです。各自の特性や適性を無視して行う仕事では、当人の未来はないような気がします。

私は、今は我慢するけれど、我慢し続けるという選択は出来そうもないです。社畜にはなりたくないですから。「最悪、今の派遣先との契約を切られても・・・」と考えたところで、これがこの場合における最悪ではないだろう、と思えました。

この状況での最悪は「諦めて、この状況に合わせようと努力をしてしまうこと」と「社畜らしい社畜になってしまい、精神的もしくは肉体的、あるいはその両方を壊してしまうこと」です。